トップ / 通信制高校とはなにか

通信制高校とはなにか

通信制高校の役割

通信制高校が果たす役割とは

通信制高校とは、自宅で学習した課題を添削・指導を旨とした学校のことを指します。こうした制度をスクーリングと呼び、全日制の高校と同様に、一定の単位を修得することで卒業できる体制を敷いています。このことから、通信制高校を卒業すると高卒の学歴を取得することができ、就業がきわめて困難な学生に対して資格を得ることを意味します。なお、入学には15歳以上であれば年齢の上限がなく、学生の多くは高校中退者や貧困を理由に進学を断念された年配などが在籍しています

独立

↑PAGE TOP

© Copyright 将来の仕事の為の資格. All rights reserved.